案内があっても決まらないお部屋は・・。

2020年05月16日

案内があっても決まらないお部屋は入居希望者のニーズに合っていない場合が多い・・

 

 

 

 

 

 

コーポ佐藤101

 

案内があるということは条件・・つまり家賃などのは相場に合っているということです。何度案内があっても決まらないお部屋はたいがいリフォームが入居希望者とニーズに合っていないことが多いです。

 

 

家主様の綺麗なリフォームと入居者様のリフォームのレベルの差は雲泥の差があります。大手さんのリォームはたとえ20年物でも新築同様です。

 

 

床、ドア、水回り設備、クロス、ドア等建具は全面交換。しかも家賃は据え置き、同エリア、同間取りにそんなお部屋があればその部屋が決まらない限りこちらにお客様は回ってまいりません。

 

 

それほどリフォームは大切です。リフォームをきちんとしているのに決まらない場合は設備の古さが原因です。

 

 

家主様としてはあと1回この流し台を使ってほしい、この床であと1回・・と願うお気持ちはよくわかるのですが、それが原因でお客様を逃がしてしまい、また1年以上空くことも実際よくある話です。

 

 

私の口癖ですが「家賃3か月分の投資ですぐにご入居いただけるなら安いもの。すぐにしてあげてください。

 

今を逃せばまた1年空きますよ。」